Angularとは?基礎知識や特徴をわかりやすく解説

  • 2022.10.24
       
Angularとは?基礎知識や特徴をわかりやすく解説

Webアプリケーションの開発において JavaScript のフレームワークやライブラリが注目されています
そのなかでも React などと並んで高い人気を誇る Angular をご存じでしょうか?
本記事では、Angular の基礎知識や特徴、メリット、注意点について解説します。

Angularとは

Angular は Google社が開発したオープンソースの JavaScript フレームワークで、SPA をはじめとする Webアプリケーションの開発に最適でフロントエンド (クライアントサイド) 開発によく用いられます。
無料で利用できるうえに使い方もわかりやすいため初心者から上級者まで幅広い層に利用されています。

JavaScript は動きのある Webページを作るのに使用されるプログラミング言語で、ほかにも Webアプリやゲーム開発など幅広い分野で用いられます。
▼JavaScript について詳しく知りたい方はこちら

JavaScriptとは?初心者向けにできることや基本的な書き方を解説

AngularとAngularJSの違い

Angular と似ていて混同されることの多い AngularJS は Angular と同じく Google社で開発されたフレームワークです。ただ機能面でAngularJS には描画速度やメモリ・CPUへの負荷など、複数の問題があったため、その改良版として Angular が開発されました。
言わば、Angular は AngularJS の後継にあたるフレームワークで AngularJS の基本設計を踏襲する形で、パフォーマンス面で改良が加えられています。
2 つの大きな違いとしては、AngularJS が JavaScript をベースとしたフレームワークであるのに対し、Angular は TypeScript をベースとしたものになっています。そのため、AngularJS と Angular には互換性がありません。

TypeScript と JavaScriptには完全な互換性があり、TypeScript は JavaScript に変換 (コンパイル) されて使われます。そのため、 JavaScript を利用する Webアプリケーションは TypeScript で開発可能です。

JavaScript を用いて新しいシステム開発を行う場合は、AngularJS ではなく Angular を選ぶのがおすすめです。

Angularの特徴

Angular はフルスタックフレームワークであり、単体でのアプリケーション開発が可能です。ほかにも、MVC 方式の採用や双方向データバインディングによって開発の効率を高められるという点も Angular の大きな特徴です。
1 つずつ説明します。

フルスタックフレームワーク
Angular は Webアプリケーションのフロントエンド部分を単体で開発するのに必要なすべての機能がそろっているフルスタックフレームワークです。

MVC方式

Angularは設計に MVC モデルというソフトウェアのデザインパターンを採用しています。
MVC とは Model (モデル) 、View (ビュー) 、Controller (コントローラー) の略称です。

Model (モデル):データベースに対してデータの登録・取得・更新・削除などを行う。

View (ビュー):ブラウザに表示される画面の作成を行う。ユーザが直接目にする箇所であり、Webページや Webサービスの見た目を決める際に欠かせない。

Controller (コントローラー):ユーザからの要求に対して、Model と View の連携を行う。Model や View は Controller から命令を与えられることで初めて実行される。

このように、役割の違うプログラムを別々のファイルで管理するため、アプリケーション開発を効率的に行えます。

双方向データバインディング
Angular は HTML を拡張し、便利な機能を提供していますが、その1つが双方向データバインディングという機能です。この機能を使うとHTMLの要素が処理を行うプログラムと連動し、自動的に処理します。このように、本来はプログラムを書く必要のある処理をAngularが対応することで、より少ないコードで機能を実装できるのです。

Angularのメリット

Angular はすでに設計が組み込まれているため、それに沿って開発を進めることで圧倒的な生産性が期待できます。ほかのフレームワークと比べても開発スピードが速くなるでしょう。
また、必然的にコードも統一されるため、メンテナンスがしやすくなるのもメリットの一つです。
特にチームで開発する場合に、これらのメリットがより顕著に表れ、開発期間の短縮やコスト削減が見込めます。

Angularの注意点

ほかのフレームワークと比べてバージョンアップの頻度が高く、頻繁にフレームワークとしての品質が向上しています。しかし、裏を返せばそれだけ機能変更が行われるということでもあります。バージョンアップによって機能の一部が廃止される可能性もありますし、Angular で開発したアプリケーションのメンテナンスが必要になる可能性もあるなど、負担が大きくなります。
バージョンアップの度にアプリケーションに影響がないかチェックし、必要に応じてメンテナンスや新しい実装機能の学習を行いましょう。

     

Programmingカテゴリの最新記事