オンプレミスとは?クラウドとの違い、メリット・デメリット

オンプレミスとは?クラウドとの違い、メリット・デメリット

本記事では「オンプレミスとは?クラウドの違いやメリット・デメリット」について解説します。

オンプレミスやクラウドよく耳にする言葉だと思います。

オンプレミスもクラウドもどちらもメリットやデメリットがあり、そのことを踏まえた上でサービスを決定していかなくてはいけません。
ここでは、今更聞けないオンプレミスとクラウドの違いについて解説していきます。

オンプレミス・クラウドとは?

オンプレミスとは?
オンプレミスを英語表記にすると”on-premise”になります。
Premiseとは、“建物”や“店内”といった意味があります。オンプレミスとはサーバーなどのITリソースを自社内やデータセンター内に設置し、ユーザー自身が管理運用する方式のことです。

クラウドとは?
クラウドとは、クラウドベンダーが用意したITリソースをネットワーク越しに利用し、ユーザー自身が保有せず運用する方式のことです。
代表的なサービスとしてAWS、Microsoft Azureが挙げられます。

オンプレミス・クラウドのメリット、デメリット

オンプレミスとクラウドの運用方式の違いについて理解したところで、次は具体的なメリット、デメリットについて学んでいきたいと思います。

オンプレミスのメリット、デメリット

メリット
・カスタマイズ性の自由度が高い。
ハードウェアからソフトウェアまで自社内で確保しているため自社の特性に合わせたカスタマイズが可能になります。
・セキュリティの安全性が高い。
自社のネットワークシステムを利用するため第三者の干渉を受けにくく安全性は高くなります。

デメリット
・初期費用が高い。
ソフトウェアの調達費、減価償却費、ハードウェア費用、設備費用、保守運用費用が必要になるためクラウドの導入に比べ初期費用は高くなる。
・購入後の資産管理が必要になる。
構築から運用までを自社で行うため、専門知識を持つ人材の確保が必要になります。また、ネットワーク障害などのトラブルにも自社で解決しなくてはなりません。

クラウドのメリット、デメリット

メリット
・初期費用を安く抑えることができる。
オンプレのようなシステムの投資が必要ないため、初期費用を安く抑えることができます。
また、料金体系も使用した分を支払う“従量課金制”のため使用量が少ない場合は、コストを抑えることができます。
・導入が簡単でスムーズに利用することができる。
アカウントを発行すれば即日利用可能になります。
パソコン以外にもスマホや社外のパソコンにつなぐこともできるのでデータの移行も楽に行うことができます。
・拡張性が高い。
Web上で設定変更ができるため、利用するサーバーの数を増やすなどの環境に応じた変更が可能になります。

デメリット
・自由なカスタマイズができない。
オンプレミスでは自社にあわせたカスタマイズが可能になりますが、クラウドだと販売者が提供するサービスに依存しているため、自社でカスタマイズできる範囲が限られます。
・長期的なコストが高くなる恐れがある。
クラウドは先ほどメリットにも上げましたが従量課金制になりますので、扱うシステムの数や年数が増えることで課金額が増加していきます。

上記のメリット、デメリットについて下の表にてまとめてあります。違いについてはどちらも様々な場面でありますのでよく理解しましょう。

オンプレミスクラウド
コスト資産経費
初期費用高め低め
導入までの期間数週間〜数ヶ月アカウント登録後すぐ
カスタマイズ性自由度高い制限あり
セキュリティ自社内環境下で対応災害時に強い

オンプレミスからクラウドへ移行する際の注意点

クラウドはそのシステム登場後飛躍的に伸びているサービスといえますが、一概にクラウドがいいと言い切ることはできません。
自社内のシステムに適したサービスを選択することが求められます。

移行する際注意したいのが既存システムの要件がクラウドに適しているかの確認です。オンプレミスの優位性でカスタマイズ性を挙げましたが、クラウドに移行する場合データ連携などで不具合が起きる場合があります。あらかじめ稼働していたシステムやセキュリティの要件などの連携が可能かどうか確認する必要があります。

最後に

ここまでオンプレミスとクラウドの違いやメリット、デメリットについて説明してきましたが、現在その二つの特徴を持つ“ハイブリッドクラウド”も誕生しました。ハイブリッドクラウドでは、オンプレミスの高いセキュリティ性、容量などのサーバースペックを柔軟に変更する面を持ち、クラウドのコストを抑えて使った分だけ支払う方法を採用し、災害用のバックアップとして利用することができる機能を有しています。それぞれのメリットを活かし、自社への最適化が可能になります。

オンプレミスやクラウドといったどちらかではなく、これらのメリットを併せ持つ特徴があります。どちらの特徴を活かしたシステムを利用したい場合にはハイブリッドクラウドを検討してみてください。

オンプレミスもクラウドもハイブリッドクラウドも三者三様にメリットがあります。
それぞれの優位性を知ったうえで、何が一番自社のシステムに最適かを見極め選択をしていきましょう。

Otherカテゴリの最新記事