Docker入門|使い方と基本コマンド

Docker入門|使い方と基本コマンド

Dockerとは?

Dockerとは、Docker社によって開発されたコンテナ型の仮想環境でアプリケーションの作成・配布・実行するためのプラットフォームであり、サーバーの起動方法がシンプルで起動、処理が速いことが特徴です。

従来では、企業がシステム構築する際、1台のサーバーを設置し、その上に1つのシステムを作る「オンプレミス型」が主流でした。
続いて、ベンダーが保有するサーバーを借りて構築する「パブリッククラウド」や1台のサーバー上に複数のシステムを構築する「プライベートクラウド」などが登場しました。
そして、次のインフラの選択肢として「Docker」という仕組みが注目されています。
Dockerの仕組みを理解するには、「仮想化」という概念が重要になってきます。

10年ほど前は、1台のサーバーに1つのOSをインストールして利用するのが一般的でした。
対して「仮想化」は、1台のサーバーにVMwareのような仮想化ソフトをインストールすることで複数のサーバーとして利用できるというものです。

従来は、「ハイパーバイザー型」というホストOS上に新たなOS(ゲストOS)を立ち上げてアプリケーションやミドルウェアなどを起動する仮想化技術が主流でしたが、OSの上にもう1つのOSを立ち上げるので、オーバーリソースが高いという難点がありました。
Dockerは、「仮想化」という点では共通していますが、完全仮想化サービスではなく、「コンテナ型」の仮想化サービスを提供しています。

Dockerにおける「コンテナ」:貨物輸送に用いるコンテナに由来しています。
貨物輸送の「コンテナ」が様々な業者が物を運ぶにあたって扱いやすいように容器の規格が定まっているように規格が明確に定められているようにDockerにおける「コンテナ」もアプリケーションやサーバーを「コンテナ」という規格が定まった容器に収納することで、他の環境でも利用しやすくしています。

ハイパーバイザー型:それぞれにOSやアプリケーション、ライブラリ、バイナリーの完全なコピーを含むため数十GB必要
コンテナ:サーバーのカーネル(OSの中核部分)を利用し、ユーザやプロセスなどをサーバーごとに隔離でき、まるで別のマシンがOS上で動いているように動かすことが可能で、サイズも数10MBと軽量

Dockerを使うメリット

メリット①:システム導入までの手間が省ける
OSは既に共有して利用しているおり、設定を省き、システム構築に必要な最低限のプログラムのみのインストールで、すぐに使い始めることができます。

メリット②:起動時間の短縮と処理速度の向上
OSは既に立ち上がっている分サーバーの起動時間を短縮でき、また最小限のリソースの使用量で済むためサーバーへの負荷が低く、1度に多くのプログラム処理できます。

メリット③:コンテナ設定の再利用が可能
Dockerで一度作成したコンテナは、他のコンテナに適用させることで再利用が可能です。
リソースを拡大したい時や検証したい時などに、すぐに同じ環境設定のコンテナを準備することができます。

多種多様な開発・検証環境が必要になってきた現在の製品やサービスの開発では、既存のものにおいても保守・改善に関して開発環境が必要です。
より一層進んでいく、グローバル化によって海外を含めた開発環境の共通化はとても重要な課題となってきてきました。
OS内に独立した仮想環境(軽量なコンテナ)を複数生成することができるDockerによって、OS内に多くの実行環境を構築でき、多種多様の開発環境や検証環境の変更にも柔軟に対応できます。また、独立環境のコンテナを生成することでファイルやバージョン、設定やポートの競合回避もでき開発環境の共通化を推進できます。

Dockerの使い方や基本コマンド

ここからは、Dockerの操作の具体的なコマンドを通して使い方を紹介します。
「docker ~」という並び順でシンプルなコマンドが多いのでイメージをつかみやすいでしょう。

1.インストール
ご利用のOSに合わせて公式サイトからインストーラーを入手します。
Windowsの場合:「Get Docker Desktop for Windows」
Macの場合「Get Docker Desktop for Mac」
2.動作確認
Macの場合はターミナル、Windowsの場合はコマンドラインを開きコマンドを実行していきましょう。
2.1 バージョンの確認
docker version//インストールされたDockerのバージョンを確認する
現在インストールされているDocker Engineのバージョン情報などが表示されます。
2.2 動作しているコンテナの確認
docker ps//動作しているコンテナを確認する
動作しているコンテナが一覧表示されます。
インストール直後は動作しているコンテナが存在せず、何も表示されない場合があります。
2.3 現在取得済みのイメージの一覧表示
docker ps -a//取得済みのイメージを一覧表示する
docker images//ダウンロードしたDockerイメージを一覧表示する
現在取得しているイメージを一覧表示させ、このイメージを元にコンテナを作成できます。
3.Dockerの実行
docker run hello-world//Dockerを実行する
「Hello from Docker!」と表示されれば成功で、Dockerコンテナの動作は完了したことになります。

基本コマンド一覧

イメージに関するコマンド

コンテナに関するコマンド

その他

オプション

最後に

今回はDockerの入門編ということで具体的なコマンドを交えて使い方を紹介しました。
Docker(ドッカー)は扱いやすく、今後もどんどん利用されていくと考えられます。
難しいと考えられがちですが、慣れてしまえばシンプルなアーキテクチャで便利さがわかるでしょう。
Dockerを運用するまでいかなくとも、常用する基本コマンドなどの知識を持っておくとよいでしょう。

Dokcer に触ったことのない方向けの記事も公開しております。
よければこちらもご覧ください。

Docker入門|初心者に向けて使い方や環境構築を解説

Dockerカテゴリの最新記事