フリーランスとは?なるために必要な準備や仕事内容を紹介

フリーランスとは?なるために必要な準備や仕事内容を紹介

本記事で「フリーランスの意味や定義、必要な準備・仕事内容」について解説していきます。

近年様々な人々の働き方が見直されてきました。特に代表的なのがリモートワークの普及に伴い誰しもが職場以外で働く機会も増えてきたんじゃないでしょうか。

また、誰しも自由に仕事を受けて時間や場所の拘束がなく働きたいと思ったことがあるんじゃないでしょうか。ですが、憧れはするけどそのために動いている人は少ないかもしれません。

今回は、そんなフリーランスについて詳しく解説していきます。

そもそもフリーランスとは?

フリーランスとは

フリーランスとは、簡単に説明すると組織に属せずに個人として単発の仕事をする人のことをいいます。そのため企業に雇用されていないので、「労働基準法」などの労働法規が適用されません。「最低賃金」「労働時間」「休日」「有給休暇」「労働災害での補償」など、会社に勤める人を保護する規定からは対象外となります。

ですが、フリーランスには決まった概念があるわけではないので、誰でも名乗ることは可能です。さらに会社には所属しているが副業として事業を請負フリーランスとして活動する人もいます。現在ではクラウドワークスのような個人で事業を依頼して請け負えるサービスが数多くあるのでフリーランスになるハードルは比較的低くなっています。

フリーランスの働き方の特徴

上記でも述べてはいますが、フリーランスの多くは企業に雇用されていないので固定の給与は発生しません。案件を受注し、その案件の報酬が自身の給与になります。報酬が支払われる時期やタイミングも都度変わって来るので自分自身で管理をしなくてはなりません。
また、決まった就業場所があるわけではないので通勤等も不要になります。ご自宅で行っても良いですし、ご自身でワーキングスペースを借りて働くことも可能になります。

上記のポイントを踏まえた上で独立した事業主として、多くを自己責任で進めなければなりません。

フリーランスと個人事業主の違い

フリーランスと同じように個人事業主という言葉もよく耳にすると思います。
違いとしましては、フリーランスは、雇用関係を持たずに個人で仕事を請け負う「働き方」をしている方の呼称です。個人事業主は個人で事業を営むために開業届を提出している人の税法上の呼び名です。個人事業主の定義は”法人ではない個人が独立して、仕事を継続的に行っていること”。フリーランスとして働いている人が税務署に開業届を出すと、税務上「個人事業主」に分類されます。
働き方としてはフリーランスも個人事業主も同様になりますが、融資や補助金を受ける際に個人事業主のみが適用されるケースが多いです。社会的に見た場合でも信用は個人事業主の方が大きいでしょう。
ちなみに自営業も社会的な呼び名です。自ら事業を営んでいるという意味で、個人事業主は自営業の枠組みに含まれ、自ら法人を立ち上げた場合も自営業に含まれます。
フリーランスの方がより自由に動くことはできますが、ある程度まとまって仕事ができるようになった場合には個人事業主になることをおすすめします。

代表的なフリーランスの職種

フリーランスはどの職種でもなることは可能ですが、フリーランスとして多くの人が働く代表的な例を紹介します。

プログラマー

エンジニアの中でもプログラマーは多くのフリーランスがおります。企業側がスキルのある人材を多く求め依頼するケースもありますし、自身でアプリの作成の作成したりサイトを運営することで収益化を図ることも可能です。
働き方も現在リモートでの働き方が推奨されている現場が多いためフリーランスとして比較的活躍しやすい職種になるかもしれません。

私どもも自社でフリーランスエンジニアの方の転職支援を行っておりますので、お考えの方は下記より登録いただければサポートさせていただけます。
https://techmania.jp/

編集やライティング作業

ブログ記事の作成などライティングの作業をする人もフリーランスの需要は高まっています。最初にもお話ししたクラウドワークスのようなクラウドソーシングが増えたことにより案件の数自体は増えてきていますが、1件1件の単価は低いことが多いです。
フリーランスとしてそれのみで活躍するというよりは、副業的に活動するか自身のスキルを身につけるための1つとして活用する方が良いかもしれません。そこで成果をあげ、自身の価値をつけていくことが重要になります。

デザイナー

デザイナーも上記のライティング同様にクラウドソーシングによって多くの案件が受注しやすくなりました。WEBサイトのデザインもそうですし、商品のパッケージやゲームデザインなどデザイナーでも多くの職業があります。
デザイナーと同様にイラストレーターも多くのフリーランスの方がいます。

他にも弁護士や税理士にもフリーランスはいますが、信用がより重要になってくるため個人事業主として活動している人や企業に属しているケースの方が多いです。

フリーランスになるために必要な準備は?

どのように仕事を引き受けるか、調べておくことが重要です。また、フリーランスと会社員では税金や保険、年金制度も異なるため、手続き関連も把握しておきましょう。

まず保険では国民保険に加入しましょう。原則として会社を退職したら退職日の翌日から14日以内に、国民健康保険に加入しなければなりません。
その上で社会保険の継続可否について確認しましょう。退職後2年間であれば任意で社会保険の継続が可能になります。ただし会社員時代よりも自己負担額は増えますので注意が必要になります。
また、年金についても確認が必要になります。
会社員からフリーランスに変わる場合は厚生年金から国民年金に切り替わります。またこちらも一定の期間でしたら猶予の期間がありますが、急ぎ役所にて手続きをしましょう。

税金の関連や年末の源泉徴収の関連もご自身で行わなければいけなくなりますのでご注意が必要です。

また、フリーランスになることによって銀行の審査やクレジットカードの審査等は厳しくなります。そのことも踏まえた上でフリーランスにはなりましょう。

最後に

フリーランスとして適している人として、自己管理能力は高くなければいけません。収入の安定もなければ、働く義務もなくなるわけですから管理はより重要になります。
自由=楽になるというわけではないのです。いかに熱意をもち、自分自身を鼓舞し高めていくことができるのかが重要になってきます。
今後フリーランスになるための方法は増えていくでしょう。ご自身がどいうった道筋でどのようになりたいのかをよく考えた上で選択していく必要があるのです。今回のこの記事がその手助けの1つになれば幸いです。

Otherカテゴリの最新記事