マルウェアとは?脅威と対策方法について解説

マルウェアとは?脅威と対策方法について解説

本記事で「マルウェアとは?脅威と対策方法」について解説していきます。

エンジニアにとって1番の脅威とは一体なんでしょう?締め切りの時間?依頼元による無理難題?いえ、1番の脅威は悪意のあるサイバー攻撃です。対策を怠ると多額の金銭を要求されたり、会社の信頼を下げるなど個人の問題では対処できないレベルまで飛躍していきます。今回はそんなそんな悪の根源でもあるマルウェアについて解説していきます。

マルウェアとは?

マルウェア(Malware)とは、悪意のあるソフトウェアの総称になります。不正かつ害のある動作を行う意図に作成されたソフトウェアになります。サイバー攻撃はマルウェアを使って顧客情報や、システムデータなど金銭を奪うことを目的に行われます。侵害され得る情報は無数にあるため、全てに注意を働く必要があります。
また、マルウェアは企業のみが注意をすればいいということではありません。ソフトウェアを扱う全ての人が対象になるのです。スマホに登録されている個人情報が盗み出され悪用されるケースをニュース等で見る機会があるかと思います。あれこそマルウェアなのです。注意をし対策をしておかないと次はあなたが対象になるかもしれません。

マルウェアの種類

マルウェアは30年ほど前に生まれ、時代の進化と共に拡散方法も進化してきました。フィッシングメールやテキストメッセージが使われることもありますし、アプリのインストールが対象になることもあります。ここではよくあるマルウェアの種類について紹介していきます。

コンピューターウィルス

コンピューターウィルスはメールの添付ファイルやサイトでクリックを要求するファイルを開くと、コンピューターがウィルスに感染してしまうソフトウェアになります。

トロイの木馬

これは、無害なアプリケーションを装いダウンロードを促しユーザーにダウンロードさせ悪意のあるソフトウェアも同時にインストールさせる方法になります。ユーザーが登録している個人情報の盗難や、デバイス破壊、行動を監視される恐れがあり、非常に身近で恐ろしいマルウェアになります。

ランサムウェア

エンジニアの方は特に注意いただきたいマルウェアの1つになります。これは、被害者のマシンに勝手にインストールされ、ファイルを自動的に暗号化し、復元のための身代金を要求します。会社の信用を落としかねない悪質なマルウェアになります。犯人の特定も難しく現在サイバー犯罪者の間では広く普及してきております。

ワーム

自己を自動複製し、ネットワークを通じて別のマシンへと感染を広げていきます。ユーザーの介入が不要な厄介なマルウェアになります。

スパイウェア

これは、自身が気づかない間に自動ダウンロードされていることがあります。そして自身の閲覧履歴やマウスやキーボード操作(キーロガー)に至るまで外部に漏洩させます。これは悪用だけでなく警察や政府が犯罪捜査で使用するケースもあります。また、一般人も手に入れることが可能になります。

バックドア

サーバー攻撃を仕掛ける者が侵入するための侵入口を開けることを指します。

ボット

他のコンピューターやサーバーに対して、攻撃やサーバーファイルの盗み出しなどの有害プログラムになります。こちらもネット抽選時に利用されるなど日常的にも使われたりしています。

マルウェアの対策方法

次にこのマルウェアの攻撃に対する対応方法について解説していきます。非常に恐ろしい攻撃にはなりますが、対応策もあります。

データのバックアップを常にとる

開発をしている中でバックアップは常にとりましょう。ランサムウェアに感染した際にバックアップデータがあれば脅威になりえません。日や時間を自身で決め常にデータのバックアップはとりましょう。

ソフトウェアの購入を注意する

「このアプリケーションをダウンロードしますか?」や「このソフトウェアをインストールしますか?」という言葉には注意が必要です。そのアプリケーションのダウンロード数や安全性は常に警戒しましょう。

不要なメールやファイルは開かない

メール経由でのマルウェは非常に多いです。このメール普段見ないなやこんな連絡普段来ないけどと思ったら開く前に注意が必要です。これはリンクも同様です。怪しいサイトに入ってしまった時に「このデバイスはウィルスが侵入しました。今すぐこちらから対処しましょう」等の文言が出た時は注意してください。ドキッとしてそれをクリックした時には感染してしまいます。基本ウィルスに感染しても感染しましたなんて出ません。後から自ら確認が必要になります。

定期的な確認を怠らない

デバイスが侵害されたかもと思った時には、セキュリティソフトを使って安全性を確認してください。特に金銭的な情報は定期的に確認しましょう。

最後に

マルウェアに感染したと思ったら速やかな対応が必要になりますが、焦らずに対応しましょう。その手の専門家もいますし、現在はネットで調べれば同様な事象、対応の方法などが出てきます。自分だけで解決するのではなく、周りに相談して早期解決に勤めましょう。
ウィルスはもちろん攻撃する側が悪にはなりますが、日常的に注意をしていれば避けられるケースが多いです。私は関係ないではなく、いつ何時誰が対象になってもおかしくありません。正しい対応策を知り、事前の準備に努めましょう。

Otherカテゴリの最新記事