プログラマーとは?仕事内容・必要スキル・資格について解説

プログラマーとは?仕事内容・必要スキル・資格について解説

本記事で「プログラマーとは?仕事内容・必要スキル・資格」について解説していきます。

現在小学生男子のなりたい職業ランキングで1位に輝き、学校の授業でも取り入れられるなど、一昔前は専門的とされていたプログラマーは身近な存在になりつつあります。ネットの普及やプログラミングスクールが数多く出てきて様々な方が触れられるようになりました。理系男子の世界から男女問わず誰でも職業としての選択肢が出てきたプログラマーについて今回は解説していければと思います。

プログラマーとは?

プログラマー(PG)とは、コンピューターが動かす”プログラム言語”を用いて、様々なシステムやソフトウェアを構築します。
例えばコンピューターを使っていて「クリックしたら別のページに行かせたい」と思った場合コンピューター上に「このボタンを押したらこのページに飛ぶようにしなさい。」といった指示を出します。その指示に誤りがなければコンピュータは指示通りに動いてくれます。この作業をさらに複雑化させて行き、コンピューターを動かす行為を繰り返していきシステムやソフトウェアは構築されているのです。

よくシステムエンジニア(SE)と混在されますが、SEはプログラマーがプログラミングをするまでの土台作りになりまして、SEの作った土台を動かす作業をするのがプログラマーになります。
プログラマーは一般的にエンジニアといった言われ方もしますので、みなさまが思い描くエンジニアはこSEよりもこちらに該当するかもしれません。

SEの説明は下記にてしておりますので、ご参考にしてください。
システムエンジニア(SE)とは?仕事内容や年収・資格について解説

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容は、前項でも少し説明しましたが、システムエンジニアが設計した仕様書や設計図を元にプログラミング作業をしていきます。基本的にみなさんがエンジニアになりたいと思いこの世界に入った時に最初に経験するフェーズになるかと思います。

プログラマーの面白いところとして、様々な言語に触れることができることがあります。フランス人に日本語で説明しても伝わらないように、プログラミングもそのジャンルによって様々な言語があります。例としてJava、JavaScript、PHP、Ruby、Swift、C#などです。
ですが、基本的にはまず1言語を決めその言語を極めていった方がいいでしょう。その言語の基礎を学ぶだけならすぐにマスターできるかもしれませんが実務レベルまで落とし込もうと思ったら数年かかります。多くの言語を扱えるようになれば仕事の幅は広がりますが、1言語できるだけでもプログラマーとしたら大きな財産なのです。

未経験者は言語を学んだらとりあえず使って見ることをおすすめします。簡単なECサイトでもアプリケーションでもその言語の特性をいかした自分なりのポートフォリオを作成してみるといいでしょう。使用する中でわからないことが発生してくるので、そうしたら調べて使ってを繰り返してプログラマーとして成長していきます。

下記無料のプログラミング学習サイト(プロゲート)になります。是非ご活用してみてください。
progate

プログラミングに必要なスキル

プログラマーには様々なスキルが求められます。ここでは大きくわけて5つの必要スキルについて説明します。

専門的知識

知識は当たり前ですが、必要になります。これは今後どんなエンジニアになるにしろ必要になります。言語の知識ももちろんのことクラウドやフレームワーク等覚えて行かないと行けないことは様々あります。

論理的思考力

プログラマーはできるできないの判断だけではいけません。それに対して過去に自分がやってきたことで参考にできるものがないのか、できないにしろなぜできないのかの説明など論理的に考えることが必要になります。

コミュニケーション能力

プログラマーは寡黙に仕事をしているイメージですが、実はそんなことはありません。受託での案件や個人事業主は別かもしれないですが、基本的にチームでの動きが求められます。そのためチーム内での作業をしていく上で円滑なコミュニケーション能力が求められます。

読解力

プログラマーはSEから与えられた仕様書を元に進めていきますので、その中で依頼元の意図とSE側の意図を読み解き制作していきます。

最後は根気

最後に求められるのは根気です。スポ根漫画みたいなことを言う気はないですが、どうしても期日に間に合わない作業、突発的なエラーなど無理難題を求められる場面は多数あります。最後その問題を解決できるかどうかは根気になります。諦めず、最後までやり抜く気力も求められる要素の一つです。

取っておいた方がいい資格

プログラマーになりたいと思っているかたらは自分自身のキャリアのためにもいくつかの資格を取得しておくことも一つの手だと思います。資格には初級〜上級までありますし、面接や面談をした際の相手の心象もかわってきます。ここでは初心者の方がとるべき資格を下記にてまとめさせていただきます。

・ITパスポート
・Oracle Certified Java Programmer
・情報システム試験
・基本情報技術者試験
・情報処理技術者能力検定
・C言語プログラミング能力認定試験
・Ruby技術者認定試験制度
・Rubyシルバー

どれをとるべきってことはないですが、勉強をした時間や資格は絶対に無駄になりませんので、是非チャレンジしてみてください。

最後に

今後プログラマーの需要はどんどん増えていきます。それに伴い、価値自体もどんどん上がっていくでしょう。それにスクール含めエンジニアになるための手段もおおくなっていくと思います。ですが、エンジニアになるためには覚悟は必要になります。成功するためには険しい道のりが待っています。でもその峠を超えられれば、唯一無二のスキルが身に付きます。今後もたくさんのエンジニアさんが出てくることを願っています。

Otherカテゴリの最新記事