システムエンジニア(SE)とは?仕事内容や年収・資格について解説

システムエンジニア(SE)とは?仕事内容や年収・資格について解説

本記事で「システムエンジニア(SE)とは?仕事内容や年収・資格」について解説していきます。

なんとなくエンジニアと聞くとシステムエンジニア(以下SE)を思い浮かべる人は少ないかと思います。また、エンジニアをイメージする際に黙々とパソコンの前で作業をしていると思われている方も少なくないかと思います。ですがSEの主な仕事は客先からヒアリングをしてそれを設計書や仕様書に起こす人なのです。今回はそんなSEについて詳しく解説していきます。

システムエンジニアとは?

SEとは、システムの設計や開発を行う職種です。基本的に顧客の要望をヒアリングしそれを仕様書や設計書に落とし込んでいきます。そのため作業的には上流の工程に携わることになります。開発の他にも予算や人員、進捗管理などのマネジメントも求められます。SEの仕事には大きく分けて「要件定義」「基本設計」「詳細設計」「テスト」という4つの段階があります。
次項にて内容については細かく説明していきます。

システムエンジニアの仕事内容

ここではシステムエンジニアの仕事内容について解説していきます。前項にて4つの主な業務があるとお伝えしたかと思います。ここではその4つの内容について細かく説明していきます。

要件定義

こちらは顧客へのヒアリング作業のことを指します。顧客がどんなシステムを望んでい入りのかを確認するのが最初の工程になります。その顧客の要望を叶えるために手筈を考えていくわけですが、顧客の要望に100%答えれるかと言うと難しい場合が多いので、開発のために必要な期間や予算を算出しそれに合わせるのが第1歩になります。

基本設計

上記の要件定義を元に基本的なシステムを定義していくのが次のステップになります。そんな機能のあるシステムを作っていくのか、どのように表示させていくのか、操作をしていくのかの基本的な設計を行います。

詳細設計

基本設計を元に実装予定の設計に対して、具体的に設計を定めるのが次のステップになります。この設計を元にプログラマーはプログラミングをしていきますので、具体的な設計が求められます。

テスト

上記の工程を経て出来上がった設計をプログラマーが開発をしたのちに、本当にそのシステムが仕様通りに動いているのかをテストしていきます。今まで作成してきた書類等を元に入念にミスや誤作動がないかの確認をします。テストをパスしますといよいよそのシステムは運用されていくのです。

これが基本的なSEの仕事になります。この後、システムの保守や運用を任されることもあります。サービスの元になる作業になります。直接自らが開発をするわけではないですが、深い開発の知識の他にヒアリング能力などマルチなスキルが必要になります。
次はSEに必要なスキルについて説明していきます。

システムエンジニアに必要なスキル

ここではSEに必要なスキルについて説明していきます。SEは上流の工程を任されますが、サービスの根幹に携わるわけなので様々なスキルが求められます。下記にて代表的なスキルについて説明していきます。

技術的な能力

システムの基本設計の際はもちろんのこと、顧客に説明をする際にも技術的な知識は必要になります。また、システムの設計もしていきますので、開発的技術力だけでなく、設計再度の技術力も必要になるのです。

コミュニケーション能力

第一段階で客先へのヒアリングの際に相手の要望を正確に読み解く能力が必要になるのです。先方が技術的に詳しいとは限りません。夢のような話をする方もいるでしょう。ただできるできないの判断ができるだけでは足りないです。顧客の要望に対してできない場合も代替案の提示や深く確認したら意外にやりたいことがシンプルな場合もあります。先方の悩みに対して技術的部分をシンプルにし伝える能力が必要になってきます。

マネジメント能力

開発を行う中で期間が決まっていることはもちろんのこと、スケジュール管理は必須能力になります。また、その間に業務の負荷が一定にかからないような配置設定などマネジメントのスキルが必要になります

システムエンジニアの年収

みなさんが一番気になっているところじゃないかなと思います。システムエンジニアの全年代の平均年収は500~600万円と言われています。年代別の平均については下記表にてまとめさせていただきます。技術力によって比較的昇進のしやすい職業にはなります。優秀なエンジニアですと800万円〜1000万円プレイヤーも中にはいます。
企業や業務内容によって変化はありますので、ご参考として活用ください。

年代男性女性
20代300〜450万円300〜400万円
30代500〜600万円450〜500万円
40代以上600〜700万円500〜600万円

最後に

今回SEについて説明させていただきましたが、エンジニアの中でも根幹を司る業務になります。そのため様々なスキルが求められるわけですが、その分やりがいもあると思います。また、この説明だけを見ると敷居が高いと感じる方もいるかと思います。学ぶべきことを学び、抑えるポイントを守れれば未経験からでもSEになることは可能です。今回の内容を読み興味を持たれた方が見えましたら、是非上記を参考に勉強をしてみましょう。

Otherカテゴリの最新記事