Windows10対応|タスクスケジューラで定期的な実行タスクを自動化する方法

Windows タスクスケジューラで PowerShell Script を定期実行

今回は Windows タスクスケジューラで PowerShell Script を実行する方法を説明したいと思います。
前回の記事 でサイトの生存確認を行う PowerShell Script を紹介しておりますので、よければそちらの shell を本手順で登録してみてはいかがでしょうか。

この記事の対象者

・Linux で言うところの cron みたいな事を Windows で行いたい方
・Windows で定期実行タスクを作りたい方

所要時間

10分

タスクスケジューラとは

Linux で言うところの cron です。
cron とちょっと違うのは GUI で全て設定できるのと、何より GUI であることから設定の意味合いが理解しやすいところが良い点ですね。

cron と同じで通常の PowerShell コマンドを定期実行することもできるので何かと便利な機能です。
OS は Windows 系列であれば実行できるので、環境の用意も簡単と言えるでしょう。

実際に設定してみる。

前置きはこれくらいにして、実際の設定手順を見ていきましょう。
手順を見るとシンプルで簡単かと思います。

まずタスクスケジューラを開きます。
task と検索すると出てくるかと思います。

タスクスケジューラが開いたら「タスクスケジューラ ライブラリ」を右クリックし「基本タスクの作成」をクリックします。

基本タスクの作成」ウィザードの最初の画面で、登録するタスクの名前説明を入力し、次へ

トリガー は実行したい頻度を設定しましょう。
設定したら次へをクリック。

実行タイミングの指定により詳細な設定が挟まれます。
適宜設定し次へをクリックします。

操作 では、今回は PowerShell の実行が目的のため、「プログラムの開始」を選択した状態で次へをクリックします。

プログラムの開始オプションの設定では以下の通り設定を行います。
画像と設定値を記載しますので参考にしてください。

完了」項目では「完了をクリックしたときに、このタスクのプロパティダイアログを開く」にチェックをつけ、完了ボタンをクリックします。

タスクの登録が完了するとプロパティ画面が表示されます。
ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する」にチェックをつけ、「ユーザーまたはグループの変更」ボタンをクリックします。
※ コンピュータ自体の Administrator 権限が必要な場合等には、「最上位の特権で実行する」にもチェックをつけておきましょう。

このタスクを実行する際のユーザーを指定します。
適宜必要な権限を持ったユーザーを選択しましょう。
Administrator 権限を持つアカウントを扱う際には注意してください。

追加が完了したらもとの画面に戻ります。
OK」ボタンで登録を完了してください。
実行タイミング等を変えたい場合は「トリガー」タブや「操作」タブを開いて適宜設定しましょう。

以上となります!
今回の記事はいかがでしたでしょうか。

Windows タスクスケジューラは簡単に設定できて管理もしやすいですし、実行ログも残ります。
非常に便利なので是非使ってみてくださいね。

ではでは。

Windowsカテゴリの最新記事